新着ブログ

2019年2月5日火曜日

歩くの楽しいかも?

地区内を歩いていると、
普段気が付かなかったり、
たまたまその時だけ見たりすることがあります。

最近も何気なくパット見たテレビ。
クリアな映り?4K?8K?いや聞いたことないけど未来の16K?
(映り鮮やか??)

よく見るとブラン管はなく、
その向こうにある物が見えただけした。

また、浜の公園の歩道には、
何かの足跡はいっぱい!
それは明戸でも増殖中の二ホン鹿の足跡。
(1頭だけ?いや家族の足跡?)

ある時は、川に目をやると、
鶴?何?大きい鷺?
(あなたは詐欺師?いや鷺?大きいね!)

注意して歩くと、
結構いろんな発見があるのですね~。

2019年1月27日日曜日

明戸の復興工事完了!?

今年の冬は比較的穏やかで雪も少なく安定しています。
昨夕、ちょっとだけ雪が降り、
明けた今日は、白い景色と相まってきれいな青空。
(空も、きれいになった川も気持ちいい!)
(海も穏やか、キラキラ)

そのお天気に誘われてウォーキングという散歩に出かけました。
まだ誰も歩いていない新雪!
昔のコマーシャルで「僕の前に道はない、僕の後ろに道が出来る。」とか、
思い出して歩いてたのがこんな感じです。
(誰も足を踏み入れいていない新雪)
(後ろを見ると泥棒が一人?足がついた・・) 

震災から8年が経過しましたが、
明戸の復興工事は、
鮭ふ化場、キャンプ場、マレットゴルフ場、
水道施設、道路兼防潮堤、道路かさ上げ、
震災遺構、公園整備などなど、
そして最終の防潮林は、
風から黒松を守るための柵と植栽も終わり、
完了したようです。
(再生が完了した防潮林)
(津波の証人、そして新生防潮林後見人の明戸の一本松)

これまで復興に関係していただいた全ての方に、
感謝の気持ちでいっぱいです。

あとは、地域自身が、地域をどう盛り立てていくか、
最も重要で、最も難しい課題に取り組んでいかなければなりません・・・。
ちょと硬い話になりましたかね~(苦笑)

2019年1月1日火曜日

平成31年!明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。
平成31年が静かにスタートしました。

毎年恒例の初日の出、
綺麗に出ましたよ~!



きっと、きっと、いい年になりますよ~!きっと。
まずはともあれ、今年も明戸をよろしくお願いします。

2018年12月31日月曜日

大晦日!

いや~!平成30年も今日で終わりです。
そしてあまりに言われ過ぎている「平成最後・・・」
個人的には言いたくないですねぇ。
なぜ?
それは、皆さんもあると思いますが、
いろいろの思いからです(苦笑)

今年の年末は寒いですが穏やかですね(ホッ)
一昨日まで河川の砂利除去工事が続いていました。
(明戸川原の寒い中、ご苦労様です。)
(数十年来の土砂、沢山あります)

しかし、河川改修から数十年(50年・・・)
沢山の土砂利が溜まっているものですね。
これがなくなると、大雨でも少し安心します。

作業後の現場を見ると、
平らになった川には氷が張り、
昔のようにスケート、それも長靴スケート。
出来る気がします。
(土砂撤去後は、スケートリンク作れるかも?)

大晦日というと「紅白歌合戦」ですが、
昭和人間から見ると、
出場歌手や企画の趣向も大きく変わっています。

家庭でも何となく変化が。
テレビがブラウン管から液晶テレビ!
(時代の趨勢、液晶テレビ。チコちゃんに叱られる~)

しか~し!!
こちらのお宅では、まだ、現役で紅白が映っています。
それもこのブラウン管テレビ、平成22年の小学校統合の際の、
払下備品、母校の思い出のテレビですから捨てられないようです。
(ブラウン管テレビ、昭和、平成の香りを遺します)

それはそれとして、紅白、どちらの勝利なのでしょうか???

皆さん良いお年をお迎えください。
来年も、明戸応援団、よろしくお願いいたします。










2018年12月16日日曜日

明戸も平成最後のイルミネーション!

日にちが進むのが早いですね~!!
師走だから?忙しいから?年をとったから?(笑)
今日はもう12月のちょうど半ば。

今年も残り少ない日々ではありますが、
そんな中、ここ数年恒例になりつつある、
イルミネーションの設置を行いました。
(40代から60代?いや8才から作業です)
(今日は冷え込みも厳しく、浜に持っていく炭火で暖を)

作業の日を連絡すると、
あとは黙っていても朝8時には皆集合!
そして始まると年齢を重ねるごとに曖昧な記憶をたどりながら、
LED電球の設置作業です。
(あ~だ!こ~だ!昨年の記憶をたどりながら)

はじめのうちは、「いいんだ~、適当で・・・」とはいうものの、
それぞれこだわりが(笑)
結局、いつもと変わらないと見えるかも知れませんが、
お昼も食べず、午後2時前までかかりました。

借り物のイルミネーションも、来年は、もしかすると、多分?きっと?希望的観測も含めてですが、
支援の申請が叶うと、今の3倍?4倍のイルミネーションの展示が、
出来るかもしれません。
(離れたところからだと、ま~ま~・・?)
(中はこんな感じ。)

そしたら、「明戸ウィンターイルミネーション」とか何とか銘打って、
少し控えめなイベントでも・・・・・。
(今年も上出来です!)

2018年12月1日土曜日

油断してたら寒さが・・・!

何となくいつもより暖かい冬かな~?と思っていましたが、
やはり、冬は冬。
来る時は来るのですね(苦笑)
気が付くと、朝も気温もマイナスに。
(温度計は、マイナス3度から4度)

(軽トラのフロントガラスも凍りついています)

こうなると、暑い夏が懐かしく思い出すのは、
冬より夏が好きな文責者だけでしょうか?(笑)

しかし、日に日に寒くなり、霙の降る中、
明戸川では、堆積した砂や葦の除去を、
建設業者さんが作業をしています。
(作業範囲は、河口付近から公民館の少し上流)

穏やかな天候の中、
順調に終了することを願っています。
(建設機械やダンプカーを持ち込んでの作業)


2018年11月18日日曜日

災害に備えて!

11月も半ばを過ぎもう晩秋。
各家々では、秋秋じまいと同時に、春に向けた準備を着々進めているようです。

普段から感じるのが、
近年、「○○年に1回」とか、「想定外」、「経験したことのない」とか、
そういう表現をされる未曾有の災害が多いことです。

ここ明戸も昭和30年代までは、大雨が降るといつも洪水となり、
苦労していたと聞いています。
そのことから「明戸川原」と世間で言われていたとか。

現在は、河川改修が進められ大きな災害は起こっていませんが、
河床には砂利が堆積し、葦が生い茂り、
大雨が降ると何時氾濫するか、
地区内でも話題になっていました。

そんな中最近、河川の葦が刈り払われていることに気がつきました。
(刈り払われた葦)

そして掲げてある工事看板には、
岩泉土木センター管内の河川の河道掘削工事である旨、表記されていました。
(この工事の中に明戸川も入っています)

この工事により、地区の心配事が少し軽減されます。