2019年10月21日月曜日

台風19号被害情報について

台風19号から1週間が経ちましたが、
明戸地区内を改めて見れば見るほど、
被害の状況には、ため息が出ます。
(ビニールハウスも土砂で埋まってしましました)

若い人が多い地域でもないことから、
被災農地や施設の復旧が遅くなれば、
新たな投資もできず離農する人も・・・。
その前に、何とから来春の耕作を目指して、
用水の確保など検討していくことにしています。

今回の被害には、これまで起きなかった、
三鉄の線路への砂利の流入などがありました。
(線路には山から大量の土砂が)

(線路を乗り越えた土砂は、林を通り田んぼへ流入)

田野畑以外の市町村内の被害の影響で運転休止していると思っていましたが、
身近なところでも被害が出ていました。

今回の台風後に気が付いたことが。
大雨で明戸川の雑草などもきれいに流されました。
すると川全体がすっきり、
流速を弱めるための河床のブロックも、
規則的な段々になっていたのですね~。

子供のころにもこんなすっきりした明戸川は、
見たことがない気がします(年で記憶がいない?)
鮭が遡上したり、ざっこを捕まえたりできるといいですね。
新発見の風景です。(どこか都会的な・・・)
(いつもこのぐらいの水量であればな~)







2019年10月13日日曜日

台風19号、大きな爪痕・・・

発生したころからその威力を用心されていた台風19号。
全国を嵐の渦の恐怖に巻き込み、
猛威をふるいましたが、
明戸も例外ではなく、
大きな被害が出ています。
(道路の路肩は谷底へ(通称:唐松坂))

明戸川(湯草)は、川が田んぼ側に溢れ、
沢からは、田んぼや畑に大量の土砂が、
あちこちで流出しました。
(山から田んぼに大量の土砂が)

(これ川ではなく、つい1ヵ月前までは黄金色の田んぼ)

床上、床下の浸水も数軒あり、
川の護岸や宮ノ下橋の根元も流出するなど、
雨の、水の、川の底知れぬ、
自然の力を見せつけられました。
(山からの大小の岩で道がふさがれました)

これでは、就農意欲もなくなります。
撤去するのも、自力では限界があります。

また、村の中に目を向けると、
土砂崩れ等での通行止め多数、
そのことによる地域の孤立が発生しました。
その中の一つが明戸なのですが。

ただ幸いなことに、地域内でけがをした人などなかったことが、
せめてもの救いでしょうか・・・・

ちなみに降り始めからの総雨量は、約470㎜、時間雨量80数㎜(気象庁の予測は110㎜)
いずれにしても、経験したことのない雨量だったようです。
初めての大雨特別警報ということもあり、恐ろしさを感じた方は多かったのでは!




2019年9月22日日曜日

やっぱり気象変動のせい?

例年、明戸で今の時季といえば?
そうです。秋の山の宝物『マツタケ』!

ここ数年、気象の変化とともに“何かおかしいな!”と思っていましたが、
今年は特に変です。
いつもなら彼岸の中日頃から最盛期になるはずなのですが、
ほとんど!まったく!そんな気配が感じられないのです。
(例年、今の時季、こんな感じのはずなのですが・・残念)

貴重な自然の恵みであることは十分承知しているつもりですが、
それにしても・・・・。

明戸に住んでいることで、
季節それぞれの恵みを楽しみにして生活していますが、
この秋は、少し?かなり?残念な気持ちです。
これから10月にかけて期待をしましょう!




2019年9月4日水曜日

タフなスタントマン!

先日の朝、所有する錆び多めのスーパー軽トラ4WDに乗ると、
フロントガラスに人影?
しっかり4つ足の吸盤でつかまっています。
(怪しい影がフロントガラスの真ん中に)

小さな緑色のカエル。
F1並のスピードでもびくともせず(笑)
タフなやつでした。
(少し猫背?しっかりつかまっています。タフなスタントマン)

しかし、春になると田んぼにウミネコが大挙してやってきますが、
そのせいか、カエルの数は少なくなった気がします。

やっぱり、海から飛来する漁師に食べられているのかな~?



2019年9月2日月曜日

何か?複雑だけど強い味方あらわる??!

毎年のことですが、草?雑草?強いね~・・・
特に、明戸のように耕作放棄地が増えつつあるところでは、
悔しいですが、その増殖(苦笑)は、止めようがないほどです。

そこで、自治会としても、休んでいる農地を少しでも維持保全できないか、
山にしない方法はないかと・・・・・・・・・・・・・・・・。
簡単に考えますが、いろいろ条件を考えると・・・。

それでも少しでも景観維持できないかと検討に検討を重ね、導入しました、
トラクター用モア(除草機、トラクター後部の機械)。

遊休農地の耕作放棄地化を少ない労力で食い止める。
限界があることは、承知しているのですが、
現実と理想をうまく考えながら・・(う~ん?できるかな~?ん~?できる?!)
無理を言って導入していただいた機械です。
(とっぷら(屋号)の父さん、楽々除草中(笑))

これまで、草刈り機で、それもかなりの人数での除草面積が、
ななな~~んと!、数十分で終わるのです。
ま、農地のような平らなところとか、石のないところなど、
条件はあるのですが。
(春から雑草繁茂畑も、楽々除草、とっぷらの父さん!)

何とかふるさとを維持したいという、
ささやかな明戸の抵抗です!(少し?かなり大げさ?)


2019年8月27日火曜日

これも夏の風物詩。イーハトヴトライアル!

明戸の夏の終わりの風物詩?と言えば、
お盆の行事だけではありません。

お盆過ぎの日曜日の朝、
早朝から沢に「ベーン~♪・・・」という音が響きます。
(3台から4台がグループで走ります)

恒例のイーハトヴトライアルです。
毎年、夏休み後半の土日、安比高原を着終点に、
沿岸の普代村や田野畑へ全国のライダーがやってきます。

文責者の家の前も、数十台が通り過ぎて行きました。
中には、手を振って颯爽と走っていく方も。
(ころまし~なぁ、バイク!)

バイクは、原付しか乗れないけど、
「大自然の中を走りたいな~!」と、
毎年思いながら手を振る私です。

2019年8月16日金曜日

雨にも負けず?恒例、お盆イベント!

8月14日は恒例の盆踊りなどの明戸のイベント日。
しかし、思いおこして見ると、
以外とお盆は天候不順の日が多く、
これまでも開催について悩まされています。

それが、想定内といいますか、
今年も、その不順な天候が・・・・。

朝、8時には野菜出荷場に集まり、
どうするか協議。
雨空を恨めしく見上げても早々に回復しそうにもなく、
みんなの口も重く結論までは、1時間ほどかかりました。

結果は、「打ち上げ花火、ビンゴ大会だけでもやんびゃ~」
と意見集約して準備に取り掛かりました。

小雨模様ではありましたが、
帰省した人達など、
多く集まってくれて盛り上がりました。
また、来年以降の開催について、
期待したお話も聞くことが出来ました。
(数年ぶりに、明戸青年会のテントを設置)
(ビンゴ大会の景品の一部。豪華景品は奥に・・・)

そうなると、おだてに乗りやすい明戸人!
地区内を繋ぐ、地区外の出身者を繋ぐ大事なイベントですから、
来年の構想としては・・・?
花火を倍にして、それから・・・・、盆踊り、ビンゴの景品を豪華にして!?

(控えめな打ち上げ花火、音は1人前(笑))

ちなみの14日の田野畑以外の市町村では、
明戸のような雨は降っていなかった様子。
そして次の日の15日は、晴れて暑い1日に。

ん?もしかして、俺!あめ男????

あ~!言いたくないけど、お盆が過ぎると、もう秋だ~!!




2019年8月10日土曜日

久々に、商売で出店?

今日は、地元、明戸キャンプ場で、
「うたのはたけ2019」というイベントが開催されました。

あいにく昨日までのような暑い晴天とはならず、
曇り時々ポツポツ雨・・・。

そんな中でも、いろいろなアーティストの方は、
午前10時から午後5時過ぎまで、
賑やかに演奏や歌を繰り広げてくれました。

特に、メインアーティストとして歌と演奏を披露してくれたのは、三浦祐太朗さん。
やさしい声で、お母さんである百恵さんの曲や、
オリジナル曲など1時間にわたり熱唱。
明戸の沢に響き渡りましたよ~♪

また、会場内には各地の美味しい産品の出店もあり、
胃袋にも楽しいものでした。
その地元の1店として
我ら「明戸の元気応援団」も出店させていただきました。
(朝、横浜から帰省した方も家族で寄ってくれました)

ただ、看板売り子としてメンバーに声をかけましたが、
仕事などもあり集まったのは5人。
そこで、急遽また高校生2人も招集し、
何とか準備から販売まで行うことができました。

ちなみに売ったものと言うと産品?ではなく、
恒例のカキ氷、フランクフルト、ポップコーンと、
初めての挑戦で冷やしモロキュウというメニュー。
予想に反して、このモロキュウが最初に売り切れとなりました。

最も、この出店も収入を上げることが目的ではなく、
みんなで集まって楽しむ、何かに取り組んで、
ゆる~い繋がりを保つためです。



2019年7月28日日曜日

今年も夏のイベント、草刈完了

7月の最終の土日というと、あちらこちらで夏祭りや花火大会。

しか~し、ここ明戸のこの時期はお祭り?
ではなく共同作業の草刈りなのです。
それも数日前から待ちに待った本格的な暑さの夏到来。
今日は朝からモワッとした何といえない暑さ。
みんな作業大丈夫かな・・・?
(作業前には、体調を見ながら作業打合せ)

それでも皆さん8時前には元気に公民館に集合。
年齢は、18歳の高校生から、93?4?の元気な青年まで約20名。
(刈った草を集める最高齢のTさん)
(草刈りの合間にこんなものも、ハマナスの実)

でも、地域の皆さんが日ごろから草刈りに協力いただいているので、
かなりの作業の軽減・効率化に繋がっており、
感謝、感謝の作業となりました。
(暑い中の作業、一息休憩)

ところで、余談ですが、
年をとったせいか一息ついた時にそよ風とともに匂う?臭う!
そうです、自分の汗の臭い。
若いときにもこんなだったかな~?

そして、以外にもというか、
気に入っているTシャツとか知らないうちに臭いが染み付き、
洗濯しても消臭できないのですが、
愛着があり捨てられないのです。
周り人にはスメルハラスメントになるかも・・・。

それはそれとして明戸の夏祭りみたいな草刈り、
まず、第1段は無事完了です。
(作業後きれいな道路と川の曲線に気が付きました)
(草刈り完了後、地域の活力見えるかな?脱限界集落)





2019年7月3日水曜日

コミュニティ助成決定しました!

自治会活動で使用する備品購入などへの補助金で、
自治総合センターコミュニティ助成補助金というのがあります。
昨年、10月頃にダメ元で村に申請していたものです。
それが、採択になり、先日、決定内示がありました👏

何を隠そうこれは、いわゆる「宝くじ助成」で、
全国の方々が「サマージャンボ宝くじ」などの、
自治宝くじを購入いただいた中の、
収益金の一部をいただくものです。

文責者も時々、大きな夢見て購入しますが、
中々、本当の宝くじは当たりません(300円しか当たらない・・・)
しかし、今回のように地域活動に支援もらえるのは、
明戸のような活動財源の乏しいところでは、
大変、大変ありがたいものです。

ところで、その申請内容はというと、
ここ数年冬に取り組んでいるイルミネーションや、
公民館に設置するAED、
イベントや災害時などに連絡用として使うトランシーバーなどの購入費、
何と何と総額250万円です。

今年のイルミネーションは、
これまでの数倍の規模になり、見ごたえ十分になりますよ~!(^^)!


2019年6月20日木曜日

明戸で三浦祐太朗さんのライブ開催!

6月から8月にかけて岩手県内の市町村で、
関係団体が連携して三陸防災復興プロジェクト2019が開催されています。

その関連イベントの一つとして、8月10日、土曜日
明戸キャンプ場で「うたのはたけ2019」が開催されます。
アマチュアバンドの演奏や、
軽食や飲み物、特産品などの販売テントも設営されます。
その一角に我が「明戸の元気応援団」も出店することで、
イベント事務局に申し込みをしました。(何を売ろうかな~😓)

当日の目玉は、何と言っても!
三浦祐太朗さんのライブ♬

文責者も幼少のころ憧れた、「山口百恵」ちゃんのご子息。
顔の輪郭、一重まぶた、唇のかたち(何となく髪型も)など、
百恵ちゃんとよく似ている気がします。

百恵ちゃんの歌もう唄うらしいですよ。
(緑の中を走り抜けてく 真っ赤なトラクター🎶 (^^♪ )

皆さん、「明戸の元気応援団」のテントに来るついでに、
ライブで楽しんで、今年の夏の思い出をつくっては如何?
え?逆?ライブのついでにテントに寄る?

目的はともあれ、皆さんに足を運んで欲しいですね~。
セピアロマン明戸宿に!

2019年6月18日火曜日

海の漁師、田んぼにも・・・

ここ、3年ぐらいでしょうか・・・
普段は海岸にいるカモメ(うみねこ)が、
大挙して田んぼに飛来しています。

今年も、夜明けとともにやって来て、薄暗くなるまで、
田んぼを移動しながら餌を獲っている様子。
(田んぼを移動しながら餌を物色中)

餌は、カエルとかオタマジャクシと思われます。
そう考えると、カエルの鳴き声が少なくなったような?
オタマジャクシが食べられているということは、
来年以降のカエルの鳴き声にも影響が出るかも。
(狩りの合間に、三鉄の❛幻の驛・セピアロマン明戸宿❜で休憩中)

カエルの定時の鳴き声を楽しみにしている文責者にとって、
ちょっと心配です。
特に、夜、うるさいと思いながらも、
カエルの合唱を聴きながら眠りにつくことは、
都会にはない、至福の時間なのですよ(^^♪


2019年6月10日月曜日

初夏の花!咲いてます。

早いもので、6月も中旬。
周りを見ると今年も初夏に咲く花が、
元気に咲いています。

まず、村の花にもなっている白花シャクナゲ。
断崖の天然のものはもう少し先の開花になりますが、
庭に植えられているものは今が盛りです。

派手な花ではありませんが、落ち着いた雰囲気が漂います。

また、明戸のメインストリートの村道脇には、
鮮やかな濃いピンク色のハマナスが、
暑い夏の到来を予感させるかのように咲いています。

しかし、気をつけないときれいな花の茎には、
無数のトゲが!
何でも、きれいなものには要注意!トゲがあるかも・・・(笑)

ところで、暑い夏の前には、必ず?梅雨が来ます。
今年も南東北までは既に梅雨入りしていることから、
ここ2、3日のうちに入梅するのかな~?

心配なのは、大雨。
毎年のようにどこかで局所的な豪雨が降り、
大きな被害が出ています。

ここ明戸も昔から洪水は心配の種。
普段は水無し川ですが、
ちょっとした長雨でも川一杯に水が出ることがあります。

そこで、川の水を監視し、
危険を予測するために、
2級河川である明戸川と川平川の橋に、
各1箇所ずつ観測機器が設置のなりました。

県が遠隔でデータを収集し、
地区内の迅速な避難などに役立てられるようです。





2019年5月30日木曜日

海の安心安全のために

昨日、海上保安庁と村との間で、
ヘリポートの使用に係る協定が結ばれました。

村内には、災害非常時用に臨時防災ヘリポートがあります。
これは、東日本大震災後に村が防災センター兼消防分署と、
一緒に整備したもので村の防災の拠点になっています。

これまで利用の多くは、事故や急病時のドクターヘリの離着陸の利用が主で、
災害時の燃料給油などには対応していませんでした。

災害時に活動する際の燃料補給は、
航空基地のある仙台空港や花巻空港まで戻らなければならず、
活動の大きなネックとなっていました。
(仙台空港から来た海上保安部のヘリコプター)

そんなことから今回、ヘリポート敷地内に、
海上保安庁の燃料保管庫が整備され、
運用が開始されました。
(消防との負傷者救出訓練)

このことにより、海上救難活動時間が、
10~30分が2~6倍に大きく広がるとのことです。
(特殊海難救助の通称:海猿も現場に運びます)

明戸浜の先は、大きな大きな太平洋。
何かの時は安心ですが、
何もなく、ヘリの出動がないことが一番ですね。




2019年5月19日日曜日

天候任せだけでは・・・・

いつもの口癖かも知れませんが、
今年の天気は、云々・・・。

文責者もその一人かもしれませんが、
今年の春先は雨が少ない気がします。

冬の雪も少なく、そのお返しとばかりに、
桜に雪が降ったりしましたが、
雨は少ない感じです。

今のところ、田植えとか、その後の水の管理には、
まだ影響はないようですが、
畑は既に影響が出始めているようです。

ブロッコリーを作付けしている方は、
乾燥している畑に、独自にスプリンクラーを用意して、
水を散水していました。
(乾燥した畑に散水しながら、畝の土寄せ作業)

植物も自分を守るためか、
早めに小さい実を付けはじめているものもありました。
そうなると、作柄、品質に影響が出るそうです。
(自然に合わせて小さな実が付いています)

何つけ、天候相手、自然相手の仕事は、
天気予報のほか、神経も、設備準備の費用など、
頭をフル回転しないと難しいですね~!

ボ~と生きている文責者には、無理!無理!!
能天気に飲んでられないですから(笑)








2019年5月5日日曜日

普段どおりの5月5日

10連休と喜んでいましたが、
今日は、早いのもので9日目。
そして子供の日でした。

とは言っても明戸は普段どおり。
子供が少ないこともあり、
鯉のぼりを揚げている家を探すのも大変。
ありました、1軒・3匹。
程よい風も吹き、気持ちよさそうに泳いでいました。
(気持ちよさそうな、Nさんの家のT君の鯉のぼり)

また、畑をみると4月末の雪にも関わらず、
ブロッコリーは、献身的な手入れのお陰で、
何とか持ち直して生育しているようです。
その隣の休耕田のタンポポも今が花盛り。
(手前はタンポポのお花畑、奥はブロッコリー畑)

公民館前の記念碑の若い桜も、
花を咲かせていました。
(若い桜と開田記念碑)

静かな連休終盤、子供の日の明戸でした。
(新緑の中、谷あいの明戸)

2019年5月3日金曜日

ご利益、いただきました!?

新元号の「令和」がスタートしました。
文責者もこれで三時代に亘り生きる事になります。

そんなお目出度い中、
さらにお目出度い方から、
お便りとともに記念品が届きました。(ビックリ)

(大きな封筒の中の品々、宝物)

そのお目出度い方とは、
今度、大名跡「四代目 三遊亭圓歌」を襲名した、
前三遊亭歌之介師匠です。

その送っていただいた中身と言うと、
三月の襲名披露で関係の方々に渡された、
挨拶状や手ぬぐい、扇子などの、
記念の品々でした。

師匠とは、個人的にお互い若い頃にお会いし、
その後それを切っ掛けに、田野畑で4~5回ほど講演をいただいています。
その中には、羅賀荘はもちろん明戸公民館や本家旅館、
机や切牛地区など村内の広範囲の時もありました。

また、東日本大震災後は、
確か平成23年7月だったか8月だったと思いますが、
スケジュールの合間を縫って仮設住宅の高校団地と中学校団地の集会所に、
慰問に来ていたいただきました。

そんな方が大名跡「四代目 三遊亭圓歌」!、
すごい、うれしい!とういのが個人的な感想です。

益々、どんどん活躍いただいて、
また、田野畑村、そして明戸に来ていただきたいと、
熱く思う今日この頃です。

しか~し、ギャラ上がんべね~・・・!?

それにしても、「令和」、早々、うれしい出来事。
いい時代になりますよ~!皆さ~ん!

2019年4月30日火曜日

賑やかに明戸春祭り開催

28日は、恒例の熊野神社の春祭りを開催しました。
なんと言っても、平成の開催は今回が最後。

前日までの雪模様の天候も嘘のように晴れ上がり、
新しい時代の到来に期待しながら、
みんなでワイワイ楽しませていただきました。

地区内に子供は数えるほどですが、
いつものようにカキ氷にポップコーン、
お菓子など用意してお祭りのスタート。
(大人も楽しむ仮設屋台)

今年の準備担当は、上の班(1班)で、
そのお母さん方が料理づくりの中心。
(お吸い物や、漬物などの準備)

まずは、出席者全員で「乾杯!」
(元気よく腰を伸ばして“カンパイ”)

(今年の料理も美味しくいただきました)

そして、今年のお楽しみは、「小田代直子さんの民謡・歌謡ショー」
民謡で日本一になったり、CDも発売していることもあり、
その歌唱力には定評があります。
(小田代直子さん登場で、一気に会場は華やぎます)

(ステージから降りて熱唱、根木地団長も大きな声援)

(踊りは、明戸で人気の井上ひとみさん)

(ショーの最後は、中村自治会長もステージで好演)

熱気の中で、三本締めで中締め。
これで、仕事、勉強それからいろいろ・・・
安心して打ち込めますね~、きっと(笑)

(ヨォ~オ、チャチャチャン、・・・、・・・)


以下は付録(こんな感じでした)
(中村会長とデュエット??)

(井上ひとみさんカッコいい)

(親子でひとみさんに御花、好み一緒??)

(小田代直子さんの半被着て熱唱)